平城宮跡歴史公園「朱雀門ひろば」について

お知らせ トピックス

平城宮跡は、日本の律令国家が形成された奈良時代の政治・文化の中心として、多くの重要な遺構が確認されており、学術上きわめて価値の高い文化財として、昭和27年に特別史跡に指定され、平成10年には「古都奈良の文化財」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されています。
 
奈良県では、平成20年10月の閣議決定に基づき「古都奈良の歴史的・文化的景観の中で、平城宮跡の保存と活用を通じて、”奈良時代を今に感じる”空間」の創出を目指して事業化された平城宮跡歴史公園について、国営公園区域と連携して県営公園区域の整備を進めています。平成30年3月24日には、「朱雀門ひろば」等について整備が進んだことから国営公園区域と共に「平城宮跡歴史公園」として開園を迎えました。
 
朱雀門前にある「朱雀門ひろば」は、平城宮跡の往時の広大な空間を体感するとともに、平城宮に関する展示施設や便益施設を備えた平城宮跡の正面玄関です。朱雀大路を軸として、西側の県営公園区域に交通ターミナルや飲食物販施設等が、東側の国営公園区域に平城宮いざない館(平城宮跡展示館)があります。
 
・平城宮跡歴史公園へのアクセス

近鉄奈良駅・JR奈良駅西口から「ぐるっとバス」平城宮跡ルート「朱雀門ひろば」下車すぐ

近鉄奈良駅・JR奈良駅西口から奈良交通路線バス学園前駅行き「朱雀門ひろば前」下車すぐ

近鉄大和西大寺駅から徒歩約20分

※「ぐるっとバス」については運休日があります。詳しくは下記のバナーからご確認ください。

 

県営公園区域(朱雀大路西側)

団体客の集合スペースとなる「天平つどい館」、展望デッキやVRシアター、レンタサイクル等がある「天平みはらし館」、レストランやカフェが入る「天平うまし館」、観光案内所や物販のある「天平みつき館」、有料駐車場のほか、バスやタクシーの乗降場となる交通ターミナルがあります。

また、復原遣唐使船には無料でご乗船いただけます。

県営公園区域について、詳しくは下記のホームページをご確認ください。


国営公園区域(朱雀大路東側)

平城宮のかつての姿や人々の営みに関する展示や出土品の紹介等を通して平城宮跡の多彩な魅力を体感できる「平城宮いざない館」があります。

国営公園区域について、詳しくは下記のホームページをご確認ください。

 

 

«