朱雀門復元整備

朱雀門復元整備の内容

平城京の入口である羅城門をくぐると、75mもの幅をもつ朱雀大路がまっすぐ北に向かってのびていました。そして、その4km先には平城宮の正門である朱雀門が建っていました。
朱雀門の前では外国使節の送迎を行ったり、時には大勢の人達が集まって歌垣なども行われました。正月には天皇がこの門まで出向き、新年のお祝いをすることもありました。朱雀門の左右には高さ6mの築地がめぐり、130haの広さの宮城をとりかこんでいました。
朱雀門は衛士によって守られ、常時開いていたわけではありませんが、宮の正門としての権威とともにその雄姿を内外に誇示していたと思われます。



朱雀門の復元研究

朱雀門の復原研究は、昭和39年度に同跡地を発掘調査し、翌年に十分の一の模型を製作したところから始まりました。
その後、同54年度から材料と工法に関する研究を7年間にわたり続けたのち、同61年度から3年継続で「平城宮朱雀門の意匠と構造に関する研究」を行いました。
朱雀門に関する直接資料は、発掘調査によって明らかになった、基壇を示す基礎と地業、平面規模を知る柱位置、出土した屋根の瓦です。 これらの事実にもとづき、現存する古代建築や文献史料を参考に、今日までの建築史研究の成果や、明治以来百年の蓄積をもつ文化財建造物修復で得た知見などをもとに、想定を加えながら復原研究が行われました。

● 奈良文化財研究所 朱雀門復原整備ページ
https://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/page/suzaku.html